www.prisba.org

任せたはずなのに意外と手間がかかる

頭が禿げるほど悩ましい問題。
それは「コスト削減」です。

 

人を辞めさせれば恨みを買うし、ただでなくても人が足りないので、これ以上手を減らすことはできません。友人にも教えたサイト→経理 アウトソーシングを是非ご覧ください。

 

無い知恵を絞り、今いる人の配置換えで「攻めの部門に人を回す」ことを考え、管理部門の人員とコストを減らすことにしました。

 

そのうちの1つが「経理のアウトソーシング」です。
経理作業を会計事務所に丸投げすることにしたのです。
情報はこちら経理 アウトソーシングを参考にしてください。

 

手間が省けるし、プロがやれば間違いもないし、税務的な問題も起きないだろうとの思惑がありました。
でも、実際は・・・

 

請求書や領収書等をコピーして郵送。
送ってしばらくは音沙汰無いので、すんなり月初に月次報告してくれるとばかり思っていました。

 

しかし実際は、不明な点は電話やメールで質問をされ、それに回答する時間が思った以上にかかるのです。
コピーをすれば用紙とコピーのカウンター料もかかります。
質問に答えても、アウトソーシング先は当社のことを知らないため、理解してもらうだけで1時間も電話することが多々あります。
もっと調べたい方はこちら丸投げ 税理士←ここ。

 

経理のアウトソーシングは、少し慎重に考えた方が良いかもしれません。